パワージェイジム2は全然売れてないのは効果に問題

日本で販売しているチントレのジェルキングのパワージェイジム2は全部上記の写真のようにアメリカのペニス増大の個人輸入代行をして入手したものです。 Amazonでは販売してなく、個人が輸入代行として小さな規模で販売しているので、ホームページの作りとかも陳腐なものが多いです。 有名なAmazonや楽天で出品するには審査が必要で効果が不確定なサプリや怪しいチンコを大きくする器具は許可されません。



世界中で今までにジェルキングの器具として28万台も売れていますと公式ページに書かれていますが、これは初代の2006年からのトータルになるので10年間の累計になります。 日本でも「store-mix」というところでパワージェイジム2がどれだけ売れているか見ることができるのですが、2016年1月~6月で僅か4人しか購入していません。 販売台数が伸びない背景にはジェルキングのやり方でペニス増大トレーニングを回数こなしても、亀頭やチンコを大きくする方法のチントレ効果がないという口コミが多いのが原因と思われます。

ジェルキングの起源と本当のチントレ効果

ジェルキングというのは半分勃起した状態のチンコを大きくするのに根元から亀頭の先端に向けて加圧しながら押し出す効果ある増大の方法です。 日本では有名でないかもしれませんが本場のアメリカではWikipediaのチンコを大きくする方法の一つとして掲載されています。 そこには、血流の増加を循環させることで大きくする物理療法技術のチントレと記載されています。

起源は古代のアラビアが発症で2000年以上前になり牛の乳しぼりの動作をヒントに得たと言われています。 チンコを大きくする方法としては珍しくクレームが多数報されていて、血管がうっ血することで壊死に近い状態になるとWikipediaにも書かれていますが、入院するような重症にはならないようです。 またジェルキングのやり方と比較されるペニス増大の方法としてミルキングがありますが、効果あるチントレの内容は亀頭までは手を動かさないでその場で行う語源が乳しぼりの方法です。 ミルキングは擦ることがなく優しく加圧する要領なのでペニスの皮が余って伸びることはありません。 パワージェイジム2の使い方は、ペニスをスポンジの器具で押さえつけながらローラーのように回転させるジェルキングの増大のトレーニングの方法ですが、普通は手で行うので無料なのですが14000円以上出す価値があるかどうか多くの人が効果を疑っているので売れないのでしょう。

ジェルキングを自宅で行う手順と回数

ジェルキングをパワージェイジム2でなく自作したり自分の素手でチントレする方法は、用意するのは滑りを良くするためのローションだけです。 LCラブコスメの透明な潤滑油のローションなどなら1000円以下で購入できます。

一工程で費やす時間は凡そ10分でそれ以上継続すると血管が壊死状態になるのでチンコを大きくする思いが強くても途中で辞めましょう。 1日10分を毎日繰り返すことで日々のサイズアップを促すというのがジェルキングによるやり方のペニス増大の効果になります。サプリと併用して利用する人も多いようです。 チントレの回数が1日で多いと皮膚を深く傷つけて、水膨れが発生したり静脈を破裂させたりしますので、加圧しすぎないように注意が必要です。 チンコを大きくする方法の効果として目安としてはパワージェイジム2の使い方でも自分の素手でも、6カ月間毎日継続するようにしましょう。

ジェルキングはペニスの皮が伸びるデメリット

パワージェイジム2の公式サイトの写真やYoutubeビデオを見て感じたのは、ペニスの皮が伸びていて亀頭との境目が不自然に思えました。 根元から先端に加圧しながら押し出すので表面の皮膚が拡大して、余波が亀頭まできて包茎のような無様な格好になってしまうのが心配なのでミルキングのチントレ方が無難です。 Yahoo知恵袋の質問でもトレーニングでジェルキングの器具でのやり方でペニス増大の効果がある反面、チンコを大きくする方法の副作用でカリの部分の皮が伸びて薬で元に戻るか心配という内容が多いです。

パワージェイジム2は素手のジェルキングで効果が出たら購入しましょう

価格が14000円というのが購入を迷わせる要素なので、敢えてリスクを取らずに最初は素手のトレーニングでジェルキングの増大を毎日チントレしてみましょう。 1ヵ月してチンコを大きくする効果が出たらパワージェイジム2を購入してみるというのがベストです。 器具と素手では血管を損傷させてしまう副作用としては器具の方が危険なので、潤滑油を使ったジェルキングのチントレ方法を覚えてから次のステップにしましょう。

本場アメリカの元祖のジェルキングのやり方を解説

「Jelqing」とGoogle検索して1位に出てくるサイトは、チンコを大きくする方法を模索している男性に人気のアメリカのもので「PEGym」です。 ここには12万人のジェルキングのやり方のチントレの結果の投稿があり多くの人が効果があったと掲示板に書き込んでいます。


最初にペニスを通常時の状態で温めることで、皮膚の炎症や怪我が起きないように未然に防止する対策をします。 用意するのはアメリカではメジャーのようですが、パワージェイジム2でなく素手でのペニス増大方法で靴下にお米を2杯ほど入れて電子レンジで1分加熱させたものです。 熱すぎるとジェルキングのチントレの効果どころか火傷しますので適度に調整してください。 お米が入った靴下をペニスの周囲に当てて5分間温めます。

ジェルキングのやり方に入る前にストレッチのチントレ方法としてペニスの先端を引っ張って伸ばすようにします。 勃起時ではなく通常時で、右方向や下方向や上方向と30秒ずつ変えながらトータルで5分間引き伸ばします。

ジェルキングの増大では10分間の間は常にペニスの状態は、勃起50~75%程度を保ってください。 初めに潤滑油を塗って、親指と人差し指で丸い輪っかを作り根元から亀頭の先端にペニスの血流を押し出すようにスライドさせるチントレの方法です。 亀頭の部分に来る手前(傘のところ)で2~3秒手をストップさせます。 これを回数をこなし10分間繰り返します。

チントレ終了時にジェルキング開始時と同じように、お米が入った靴下で運動後の疲労ダウンを5分間促すことでペニス増大の副作用や炎症がおきないようにします。

※準備に用意する温めるのにタオルでも代用は出来ますが、PEGymではあまり推奨してないとのことです。 タオルでは暖かい温度を保つことが難しいので効果が薄く、できれば冷めにくい工夫がある自宅にある代物がベストです。


ミルキングはジェルキングとチントレ方法は何が違うのか?

ミルキングの大きな特徴は「大きくスライドさせない」こと「握りがジェルキングの増大のやり方とは逆で輪っかが根元」というチンコを大きくする方法です。 ミルキングは人差し指と親指で輪っかを作った後に、残りの指を順番に閉じていき、牛の乳を搾るように握るので基本的にはスライドを激しく行わないチントレが効果あります。 また勃起状態も50%くらいにして、向きが下向きにして引っ張るようにします。

ミルキングによる副作用は、亀頭に赤い点が出来る恐れがあるのと、亀頭と竿の境目が腫れてカントン包茎のように膨れ上がることです。 このような状態になる前に兆候があったら効果ないのでチントレを中止しましょう。

チントレでジェルキングと一緒にPC筋を鍛える

世界的に有名なチントレの方法はジェルキングとPC筋を鍛えるやり方で、アメリカでも流行しています。 お尻の穴を引き締めるような感覚で、前立腺付近のPC筋を意識して動かすことで勃起力アップになるというトーレニングです。 チンコを大きくするチントレ方法の目的以外にも、高齢者の女性の尿漏れ対策としてストレッチとして人気になっているので、PC筋のトレーニングの動画は多数あります。 ジェルキングと併用することで効果アップすると言われていて、特に中年以降の男性に有用なようです。


 チンコを大きくする方法


このページの先頭へ