海外輸入のチンコを大きくするアイテムで失敗する危険

基本的には海外から輸入するチンコを大きくするアイテムや商品は日本人には合わないどころか、間違った情報で逆効果になってしまう危険もあります。 これは器具でもサプリメントでも同様のことが言えます。 根本的に勃起時だけでなく通常の時も長さも太さも、当たり前ですが異なります。

また生活習慣だけでなく食事のバランスも違いますので、同じものでは良い結果は産まれにくい傾向にあると言っていいでしょう。 もちろん100%で失敗するとは言えませんが、結果としてそのような報告が多いようです。 可能であればそのジャンルでも日本の会社が製造元であるチンコを大きくする太くなる方法のグッズの方がアフターケアも含めて比較的良いでしょう。

仮に万が一何か起きてしまった際に対応してくれない確率が高く、特に口に含んだり、これを生殖器に塗ったりするジェルやローションは長くするには危険が付きまといます。 また日本で販売されているものであっても、ある程度の認知度があるものの方が安心できるのではないでしょうか。 インターネットで検索してもペニスの口コミが一件もない様なものや、新発売の薬は実績もないため騙されないためにも極力避けたほうが無難と言えます。

無理にチンコを大きくする必要はない!危険な嘘に注意しましょう

まず勘違いしてはいけないのは無理をして大金を支払ったり、危険やリスクを背負って保険適用外の手術をしてまで、チンコを大きくする必要はないということです。 厚生労働省でもホームページで注意奮起してますが、メディアや企業の広告や嘘に騙されないように注意しましょう。

もちろん、悩んでいる人のアンケート結果などを見ると、セックスの際にその方が良いという情報や意見もあります。 しかし絶対にそうでなければ満足できないという間違った解釈や言葉ではないのです。 指を使う前偽に時間を掛けたり、電動バイブなどの大人のおもちゃの道具を駆使したり、シチュエーションや環境に変化を加えたりと他の努力でカバーできる部分でもあります。

若い頃からのコンプレックスで一刻も早く解決をしたいと考える独身の男性は、多くの場合冷静に周りが見えなくなってしまっている傾向にあります。 自分を見せる方法はサイズアップだけでなく他にも必ずあるはずです。 ですから、このようなチンコを大きくするサプリメントを利用する際にも軽い気持ちであまり期待せずにお試し程度にもう一度チャレンジしてみましょう。

稀に失敗してしまったら人生が終わったような、茫然として不安な気持ちを抱えている人がいます。 17歳の成人で止まる身長と一緒で無いものねだりをしても仕方がない部分でもあります。 そういった面で太く長くする事が出来ずに、固執してしまうメンタルの状態が一番危険です。

チンコを大きくしようとして勃起不全になる危険性

勃起の仕組みは海綿体に血が流れてせき止められて大きくなりますが、心因性ではなく機能性として起たなくなる原因として海綿体の損傷が原因としてあり得ます。 器具により強くダメージを与えすぎたり頻繁に行うことで、竿の部分の海綿体が元通りに復帰できなくなりチンコを大きくするどころか勃起不全に陥てしまい永久に駄目になってしまいます。

危険と言われているのは、ジェルキングという外側から圧迫する方法で海綿体に過度のダメージを与えてしまいます。 本来は女性のアソコはナイーブで柔らかい、自慰するのも手なので柔らかいですが、ペニスを器具で圧迫したりするのはEDになる可能性があります。

一度EDになってしまうと復活できなくなるので、永遠にセックスが出来ない不憫な状態になってしまうので、危険性の伴うチンコを大きく太くするトレーニングは回避しましょう。 サプリメントや薬はそこまで大きな副作用はないですが、ペニスに切開して直接シリコンを埋め込むのも危険ですので止めておきましょう。

ネットでは禁止薬物が内緒で混入された危険なサプリメントも存在します

ドラッグストアや薬局の店舗で販売するものには怪しい成分のものは管理されているので設置できなくなっているので安心ですが、ネットでは薬事法で取り締まり切れないのが実情です。 商品のパッケージの成分欄には書いてないがバイアグラと同じシルデナフィルを内緒で入れておくことで、危険を承知でも一度利用したらチンコが大きくなる効果が実感できてリピーターになるという違法で営利目的のものは多数存在します。 厚生労働省が随時取り締まっていて実名で違法であることを警告していますが、ネット販売なので後を絶たないのが現状で、購入者としても違法かどうかよりも効果があるものが欲しいというところです。

日本の厚生労働省が危険と判定しているのはシルデナフィル及び類似薬品で、医者に掛かって処方して貰う分には合法で問題ないという基準なので、それ自体が危ない訳でなく服用方法や量に気を付ければという条件付になります。 特にチンコを大きくしたいとか勃起力を増したいとかで薬を飲むことで起きるうる危険な副作用は血圧関係で心筋梗塞や脳卒中が挙げられます。 故意にシルデナフィルが入った商品を探すなら、中国系で漢字の名前のものが多いようです。

スウェーデンではチンコを大きくする手術で30歳男性が死亡

ストックホルムの私立の整形外科で増大手術を受けた男性が脂肪塞栓症により死亡されました。 患者自身の腹部の脂肪から採取して、チンコに注入して大きくする方法ですが危険だったのは注入ではなく採取した段階でした。 切開して脂肪を取り出した際に外傷ができて脂肪が血管内に流れ込んで、脂肪塞栓症という状態に陥りました。 手術後に低酸素状態、頻脈、低血圧、そして脂肪塞栓症になり1日以内に死亡されたとのことです。 チンコを大きくする方法の手術は危険ではないはずですが、切開の際に外傷から発生するリスクは存在するということです。

間違った危険な情報だらけ!チンコを大きくする方法に騙されないために

インターネットの掲示板などではチンコを大きくする手段として危険な間違ったサプリメントの情報が多く掲載されています。 特に未成年者であまり知識がない好奇心旺盛の中学生や高校生は、営利の情報に騙されないように注意しなくてはいけません。

また友達や家族など誰にも相談する事が出来ない、恥ずかしい内容であるため、噂や嘘が後を絶ちません。 信憑性がかなり低い本当か嘘かもわからない様な犯罪のニュースが2ch掲示板などでは溢れています。 もちろんペニスのサイズアップと言う太く増大をするためのトピックも同様です。

実際に長さや太さにしてみても勃起時の状態を並んで友達と比較する事は、裏を取れない自己申告ですので正確な数字ではあまりできないのではないでしょうか。 逆に言えばそこまでチンコを大きく太くする方法に気にし過ぎる必要はないということです。 基本的には真性やカントン包茎やEDなどの勃起障害、ケジラミや梅毒などの性病でなければ、平均より小さくても問題はありません。 しかしこれらの症状の場合は早急に病院で医師にカウンセリングや相談を受けましょう。

薬が必要な場合は調剤薬局で資格者に処方をしてもらい、手術が必要でなければ保険適応で日帰りのオペになります。 長く放置してしまうと、危険な状態です。 場合によってはパートナーにも移してしまったり迷惑を掛けてしまう事に成りますので、責任を持って対処しましょう。


 チンコを大きくする方法


このページの先頭へ