亀頭オナニーでは亀頭増大しないが真空ポンプのグッズなら可能

亀頭オナニーを気持ちよさを目的にする人や早漏防止が目的の人には効果があるので傷付けない範囲で励むことが良いでしょう。 しかし、一部のネット情報で亀頭オナニーの方法で亀頭増大になると言っていますが、実際には効果がないどころか小さくなるというYahoo知恵袋での書き込みが目立ちます。 科学的には亀頭オナニーをしてもペニスのサイズには影響しません。 長時間勃起することで海綿体に血が流れやすくなるとか、毛細血管が太くなるとか、叩くことで大きくなるとかは根拠がありません。

チンコの亀頭を増大するには、「注射による手術」か「真空ポンプ」になります。 亀頭の増大手術は確実性があり、当日で瞬時に終わりますが値段が高いのと数年後に注射した中身が無くなってしまうので再度定期的に行う必要があることです。 亀頭オナニーで亀頭増大を目指している人の掲示板で効果があったという書き込みが多かったのが真空ポンプや掃除機などの吸引のようです。 上記の写真のグッズは日本のAmazonで2500円で売っているので誰でも買えます。 チントレと亀頭オナニーの併用で吸引ポンプのグッズでカリ高を目指す方法です。

亀頭オナニーの際にタオルというグッズ併用で摩擦すると大きくなる?

亀頭磨きというタオルで擦ることで鍛えられて増大になるという体験談もネットには多少あります。 普通の亀頭オナニーだけではなく、傷をつけないようにローションのグッズを併用してキュッキュと磨くようにする方法です。 乾燥した状態で行うと内出血や切り傷ができて性感染症になる恐れがあるので、必ずローションを使いましょう。

東京の五反田にある風俗店で「亀頭磨き専門」という変わったお店があります。 そのホームページを見ると、亀頭オナニーを女性の手でやってもらう方法のようで早漏の方には効果があるとのことです。 亀頭を磨くという感覚があまり世の中に浸透していなく、ペニスの亀頭増大になったとか失敗だったという口コミが少ないようです。

手で亀頭オナニーするとチンコが短小になる?

皮オナニーをすると包茎が悪化して、亀頭オナニーをすると短小になるという科学的根拠が出ているようです。 手だけで気持ち良いからといって亀頭オナニーする奴のチンコは大抵小さいです。

Yahoo知恵袋にはこのような内容が多く、チンコを大きくするとは逆の結果になるので危険であると思っている人が多いようです。 年代的には若い高校生や大学生が多いようで、将来について真剣に悩んでいるようです。 結論を言いますと単純なオナニーの方法や頻度だけでは、ペニスのサイズに良くも悪くも影響することはありません。 ですから亀頭オナニーだけで短小になったとかチンコを大きくすることが出来たというのは錯覚ということになります。

亀頭オナニーのデメリットは遅漏になる

気持ち良いしグッズと併用でチンコを大きくするかもしれない亀頭オナニーですが、一番の弊害は女性とのセックスで逝かなくなることです。 遅漏ならまだしも射精しないとなると女性から「私に何か問題でもあるの?」と思われて距離を置かれてしまう可能性もあります。 早漏の改善くらいで止めておけば良いのですが、頻繁にすると癖になり最終的には女性とのセックスも面倒になってしまうのが怖いです。 亀頭オナニーでは「早漏防止」「ペニス増大」が目的なら良いですが、気持ち良いの快楽を追求になると本当意味での一人遊びになってしまいます。

亀頭オナニーのグッズは気持ちよさが基準

アメリカのAmazonで販売している亀頭オナニー用のバイブのグッズです。 カスタマーレビューの評価は5つ星が多く高評価ですが、コメントの内容はペニスの亀頭増大ではなく気持ち良かったというものが大半です。 10段階の振動の強さを選べるようで自分にあった感度を探せるようです。


 チンコを太く大きくする方法


このページの先頭へ