日本人は世界で一番オナニーをしている

世界の国別でアンケートを取ると、日本はオナニーが多くセックス回数が圧倒的に少ない分布図になります。 少子対策が騒がれていますが、日本ではぶっちぎりでセックスの回数が1年平均で45回です。 オナ禁がメリットがあって体に良いとか育毛に効果がるとかチンコを大きくするのによいという増大の噂は、セックス回数が少ない日本人が性欲発散に代用としてするオナニーが多すぎる為に勝手に造られた嘘です。 射精という行為はオナニーでもセックスでも物理的には同じことです。 脳の活性化とか亜鉛が不足するとかは、科学的根拠がない後付のペニス増大のサプリなどの商品を売り込むためのでっちあげに過ぎません。

オナニーもセックスも射精することは同じなので、オナ禁の効果で射精が良くないなら世界一ペニスが大きいアフリカ人は子だくさんで毎日のようにしているのに反することになり嘘になります。 独りとパートナーがいる場合ではストレスやホルモンや満足感が違うという反論もありますが、チンコが大きく太くするのは精神論ではないし脳ではありません。

宗教の厳しい戒律でオナ禁

割礼という男の子が赤ちゃんの時にペニスの皮を包茎にならないように切ってしまうユダヤ教ですが、厳しい戒律ではセックスだけでオナ禁もあります。 ユダヤ教の理由はオナニーをする際に男性は妻以外の女性を思い浮かべるのでそれは浮気と一緒で重罪であると手厳しいが最もな考え方です。

また仏教でも僧残(そうざん)という13の厳しい戒律を課される修行の中で一番目がオナ禁になります。 僧侶がチンコが大きいという話は古今東西聞いたことがないし、ユダヤ人が世界の中で飛びぬけて長いという話もありません。 つまりはオナ禁のメリットとしてセックスの為のペニス増大の効果があるというのは嘘になります。

オナ禁を商売の理由にしているだけ

AGAにも効果的で発毛が実感できるとか、ニキビが直り肌がすべすべする美容効果があると育毛剤やクリームをネットで売り捌く口実にオナ禁が使われています。 薄毛と男性ホルモンの関係性はあると思うのですが、オナ禁することで毛が生える原理は科学的にありません。 このような方法でチンコが太く大きくなるというのは嘘です。

セックスもしないしオナ禁することでメリットはなく却ってストレスが蓄積され体調に悪いと海外では動画で訴えているのがYoutubeで見ることができます。 英語ですが2017年現在で800万回も再生されています。

オナニーで亜鉛が減り続けるという嘘

オナ禁することで睾丸で精液を生成しなくて済み亜鉛の無駄な消費がなく、性欲も高まりマンネリ化対策になるというのは嘘のような不思議な意見です。 一番チンコが大きくなる方法は間違いなくセックスの回数やトレーニングを多数こなすことだと思います。 証拠としては発展途上で娯楽が少ないアフリカや南米の男性のチンコが大きいのは、オナ禁によるペニス増大効果ではなくセックスを頻繁にするからなのです。

摂取する亜鉛が減り、男性ホルモンがジヒドステロンに変化するとか、テストステロンの分泌が抑制されるとかペニス増大とは関係ない作り話の嘘です。 精子の量が増えるというエビオス錠の薬は亜鉛が主成分で飲むことで射精に勢いがつくと言われていますが、チンコがでかく太くなる訳ではありません。 オナ禁でエビオス錠と増大サプリの組み合わせが最強と言われるのは一時の快感の話で増大効果ではないのです。

ペニスの成長は17歳までなのでオナ禁はそれ以降は関係ない

嘘か噂か本当か確かめようがない誰もが聞く話で「思春期にオナニーを頻繁にし過ぎるとペニスが大きくならない」と昔から言われています。 理屈としては、せっかく成長期なのに手で圧迫しすぎたりするから、成長ホルモンを無駄に排出するからといったものです。 医学的にアメリカのwikipediaにも載ってますが、ペニスの成長は最高で17歳までです。 17歳までのオナ禁はチンコを大きくするには効果があるのかもしれませんが、セックスを経験するようになる成人男性にはもう手遅れで意味をなさないはずです。

オナ禁と頻度とペニスサイズのグラフ

アメリカでチンコを大きくする方法を紹介する有名サイト「pegym」にある、オナニーの1ヵ月の頻度とペニスの長さ(インチ)の関係図です。 一番右の棒グラフの「never」というのが一切オナニーしない派の人で、飛びぬけてペニスが大きいのが分かります。 詳しく統計を調べてもオナ禁も含めて回数が少ない人ほど、サイズが大きい傾向にあるということです。

しかしオナ禁の効果でチンコを大きくすることが出来るかというと嘘で増大の科学的根拠がありません。 オナニーをあまりしない人は、その分セックスの回数が多い傾向にあります。 女性とのセックスが多いということは、ペニスのサイズを気にすることがもてたい為に多いということになります。 ペニスが小さい短小の人ほど、自慰が頻繁にあるという理屈であり、オナ禁すればチンコを大きくできるわけではありません。

オナ禁に関するアメリカの国立生物工学情報センターの論文

今から20年近く前のものですが、国立生物工学情報センターが発表した実験の論文があります。 そこでは性犯罪者を2つのグループに分けてセックスの衝動性を実験したものになります。 1つは30日以上オナ禁したグループと、もう一つは毎日オナニーしたグループです。 レポートによるとオナ禁を30日以上した効果の場合、セックスの衝動の表れが軽減されて性犯罪に役立つのではと発表されています。

似たような発表で、オナ禁の効果により脳の依存を解くことができると言われています。 毎日のオナニーはセックスと違い脳の部分の反応が麻薬に近いことが医学的に検証されています。 オナ禁はメリットはなく有害でセックスは無害なので、毎日女性に相手してもらうことで脳の中を変えれるとの主張です。

オナ禁を頑張るのでなくセックス回数を増やす

世界的に見て日本はセックスレスな人種で、オナニーで性欲処理する傾向があります。 海外では宗教的な理由でオナ禁をしている国が多く、メリットを求めてではなく道徳的な考え方です。 ダット症候群という海外の男性特有の精神疾患があり、オナ禁することで効果でなく精神的に追い詰められる病気のようで、その際は医師も宗教的教えよりも開放を優先するようです。

日本人がセックス回数も少なく、オナ禁をペニス増大効果と言ってしてしまえば性欲が爆発してしまい精神的にまいってしまいます。 減らした分を女性との性交渉で欲求を解消しないとバランスがとれなく我慢してもメリットはありません。 オナニーが多い日本人ですが寿命でいうと世界トップクラスなので「からだに悪い」というのは嘘なのでしょう。


 チンコを大きくする方法


このページの先頭へ