手術の一覧 チンコを大きくする方法


病院 施策 費用
切らない長茎術
糸で固定するだけなので数年後には?
15万円
メスで切る手術
ペニスの根元の靭帯を切るので効果は永続
30万円
太く・長くする注射
アメリカでは副作用の報告がある
40万円

リパスというチンコを大きくする手術の方法で注射をすることで5分で終わり永久的に持続するのが注目されています。 ペニスを太くするのと長くするのを同時にできるという内容です。 日本初導入の船橋クリニックの元神医師の命名がリパスという増大方法です。 今まではヒアルロン酸は半年で注射しても吸収されてしまい、元通りにペニスがしぼんでしまいましたが、リパスではPMMA(ポリメチルメタクリレート)という合成樹脂を使用することで永久的に縮まないのが売りです。

アメリカではPMMAによるチンコを大きくする手術が盛んなようで、副作用に関する注意噴気のサイトが多く見受けられます。 上記の写真は医師が投稿したものでリパスにより、注入されたゲルが不均等になり皺になったり左右対称でなくなったりする危険が生じているペニス増大の方法との報告でした。 元々このPMMA(ポリメチルメタクリレート)は、女性の皺やほうれい線を隠すために少量だけ注射して護摩化すのが目的です。 整形でチンコを大きくする方法としては、ゲルの量が多すぎて危険であるという意見がアメリカの医師からあります。 日本ではリパスと呼ばれ失敗した体験談はネットではありませんが、手術例が未だ少ないだけかもしれません。

参照:リパス(増大と長茎)|船橋中央クリニック

現状では手術がチンコを大きくする一番確実な方法です

病院によって手術方法が複数あるところが多いです。安い費用で来院させて結局は30万円もするプランを押し付ける魂胆があるので注意が必要です。

仮に一箱一万円のチンコを大きくする方法のサプリメントを一年継続したら12万円になりますので、増大の手術は失敗なく充分にペイできる金額に成ります。 器具の場合は消耗品ではありませんので、5万円以内で故障しなければ半永久的に使う事ができます。 しかし、両社とも結果は未知数なのです。

トレーニングも同様でお金は掛かりませんが、手間や時間を考えると本当に意味のある選択とは考えられません。 また年齢によってはいくら有効成分を摂取しても、思った通りの結果に繋がらない可能性もこれにはあります。 身長と同様で成人して成長が止まっている男性ではペニス増大でサイズアップ効果があるかどうか、やはり不確定でしかないのです。

現状で確実に結果が欲しいのであればチンコを大きくしたり太くする整形の手術の方法ということになるのではないでしょうか。 物理的に害のないヒアルロン酸や脂肪を亀頭部分に注射して長くしますので、経口の薬と違って変化は目に見えてわかるでしょう。 ペニス増大の術後は包皮が引っ掛かって戻らなくなり、今まで被っていた部分が綺麗に剥きだしの状態になります。 摩擦や刺激にも耐久が強くなり挿入時間が短い早漏も解消できるという更なる付加価値も期待できます。

本田式の切らない長茎の手術は詐欺だと思う

コストが安い深夜番組にお金を払って番組内で画期的な方法の紹介として宣伝するやり口。 ちんこを大きくする手術は分類すると「切る」「切らない」にペニス増大は分かれます。

違いは何かというと、切らない手術は専用の糸でペニスの根本を引っ張りだすだけで、数年したら元に戻ってしまうリスクがあります。 最近の美容外科では、ちんこを大きく太くする手術で切らない方法は、安い値段で済むし整形の医療行為として厚生労働省に突っ込まれにくいので効果の持続があやふやなこっちを推しています。

上記は包茎治療ナビゲーターというサイトに投稿された手術の体験談で、包茎の前に亀頭増大と長茎術が必要と本田医師に説得され134万円払った人の内容です。 結果は何も変わらず苦情を言っても返金にも応じないので、同じ被害者が出ないように拡散するために投稿したとのことです。

皮にメスを入れないと傷痕が残らないし短時間で済むし患者にとって良いことだらけです。 しかし、体重が増えて太ってくるとお腹が出っ張ることで再度ペニスが埋没してしまい短小になってしまいます。

もし、ちんこを大きくする手術を今後検討されているようでしたら費用は10万円以上高額かもしれませんが、ペニス増大にメスを使う方法が効果として間違いはありません。 また注意する点としては、申込の際に他のオプションは如何ですかとマクドナルドのようにセールスされますが断固としてノーと言った方が良いです。


 薬やサプリでのペニス増大効果

現在では様々な種類のチンコを大きくする手術の方法があります

現在様々なクリニックが包茎の手術と同時にチンコを大きくするペニス増大プランを用意しています。 ヒアルロン酸やコラーゲンだけでなく、シリコンボール、ジェルなど注射する成分もクリニックごとに長径術は名称も異なります。 亀頭部分だけでなく、竿を太くしたいという男性には自分の皮下脂肪を注入するという種類もあります。

先細りで形が悪いと気になっているケースでも傷痕を残すメスを使わないでも整えることが可能になってきました。 全国にどんどんチンコを大きくする方法の手術を行う個人クリニックが徐々に展開されています。 人口密度が高い主要都市は全て網羅していると言っても過言ではありません。

裏を返せばそれくらい皮を切って長くするペニス増大の効果はマーケットで幅広い年代でニーズがあるということです。 同世代の人にはメリットが無いので秘密にしていても、公衆銭湯や温泉のサウナで隠さないで堂々としている上から目線のあの同僚や上司も実は、美容整形でオペ済かもしれません。 それくらいお客様の数も右肩上がりになっています。

平均で5万円以上とお値段がサプリメントと比較すると高く感じるかもしれませんが、チンコを大きくする手術で今までの悩みが解決する方法であれば整形でトータルで安いと判断する人が多いという証拠です。 気になる方はまずは申し込む前に無料のカウンセリングを受けてみましょう。

アメリカの医学博士Dr. Elistのペニス増大手術の動画

Dr. Elistはアメリカ国家でも認められている著名な泌尿器科の形成外科医です。 ペニス増大手術や包茎手術などで失敗が少なく信頼されていて、お忍びで映画スターなどにも協力しているとのことです。 Dr. Elistが公開しているペニス増大の方法の3D動画は、下腹部にメスを入れて切って竿まで半分に切った筒のようなものを挿入するやり方です。 日本では見たことがない内容だったので紹介しておきます。

ペニス増大の手術に掛かる時間は45分と短く、術後は6週間はセックス禁止だそうです。 この動画が現在45万回再生されていることからチンコを大きく太くする方法として画期的で信頼があるからなのでしょう。 成功例としては公式サイトに「8.8cm→12.8cm」とあり、成功例は95%以上とあります。

短時間のチンコを大きくする簡単な手術で確実に結果を出す

今までにチンコを大きくする方法のための様々なトレーニングの努力をしてきた人は、何度も失敗をしたり、騙された男性で、それでもなお結果が欲しいという場合は、やはり一番確実な最終手段はペニス増大の手術が効果があるという事になるでしょう。 純度の高いヒアルロン酸や脂肪を無痛で注入するので物理的に確実に変化が現れます。

またシリコンボールやバイオジェルなどを駆使するちんこを大きくする整形の手術でも、すぐに見た目で明らかに差があります。 もちろん、コストは保険が効かなく5万円から20万円まで幅広くありますので、お近くの信頼できる保険適用のクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。 いくら医学が日進月歩で発展したからと言ってペニス増大の効果ある手術をやったその日から性行為ができるわけではありません。

一週間程度は様子を見なければいけませんし、少なからずメスで切った痛みも伴います。 しかし、結果が未知数のペニス増大のサプリメントや器具を使用するよりも直径を太くするにはスピーディーで効率的です。 半年近くどうなるか結果が判らないまま長く継続するよりも、カウンセリングを含めても二時間から三時間の短時間です。 メスを使う方法の包茎の手術と同時にチンコを大きくする増大する整形で割引キャンペーンを行っている高額なクリニックがほとんどですので、一気に悩みを全てまとめて解消してしまうというのも一つの手段なのではないでしょうか。

 チンコを太く大きくする方法



このページの先頭へ