テストステロンを増やすとペニス増大になります

20代後半をピークに年齢と共に睾丸から毎日生成されるテストステロンは徐々に減っていくものです。 血液検査で基準では100pg/ml以下の場合は注射が保険適用になるので、数値が低いというのは立派な病気という事になります。 テストステロンを増やすことは勃起力に影響しペニス増大にも関係してきます。 低い数値だと元気がない状態で、以前と比較してサイズが一回り小さく萎んでしまいます。

アメリカでは34歳男性がテストステロンを増やす注射を9ヶ月行ったことで、5cmから9.1cmへとペニス増大したという科学的な記事があります。 具体的な治療としては4週間に1回250mlの注射をしただけでした。 2017年にNHKのクローズアップ現代で放映された内容でも、テストステロンを増やす方法は病院で2~4週に1回注射をするのが一番良いということでした。

クローズアップ現代で放映されたテストステロンを増やす方法

趣旨はペニス増大ではなく男性の更年期障害が600万人も全国にはいるだろうという事での特集でした。 不足することで性機能の減退、仕事への意欲低下、うつ病という症状が多くの中高年に表れるとの警告でした。 テストステロンを増やす方法で全てが改善されるので、気付かないでいることが一番危険であるとのことです。 LOH(ロー)症候群という病名もついており病院では保険適用で受診することができるようになってます。 番組がNHKなので確実性が高いテストステロンを増やす方法は注射(保険適用で月5,000~10,000円)が良いとのことでした。

注射以外でテストステロンのアップ術

本来テストステロンというのは競争するための本能の成分らしく、他人と関わる時間を多く持つことで増やすことができるとされています。 普段の生活でも上記のようなことや、異性と食事をするとかで分泌する量が増えることが今回のクローズアップ現代の研究で判明しました。 ということは、ペニスの増大方法も一概に薬やサプリや器具だけでなく、普段の生活を変えることでチンコを大きくすることが可能ということになります。 このページでは日光浴が良いとこれから説明しますが、アフリカ人が一番ペニス増大で大きいのは日に当たっている時間が長いからかもしれません。

経口のサプリメントではテストステロンは増えないのは肝臓

テストステロンブースターとかいう海外製のサプリメントがネットでも販売されていますが、ペニス増大には効果はありません。 理由は口から摂取したテストステロンは肝臓で分解されてしまいゼロになってしまうからです。 口から入れても駄目なので、病院では血管に注射して肝臓を経由しないようにしているのです。 ペニス増大の効果が目的でテストステロンのサプリを購入しても増やすことはできなく無駄なお金の投資になってしまいます。 筋トレ目的にバルクスポーツ社からも販売されていますが、口から飲むものは全て無効化されてしまいます。

最近判明したのがビタミンDが多いとテストステロンも多い

これは日本ではなくアメリカの医学ジャーナルの記事ですが、ある一定上のビタミンDが体内にあるとテストステロンも多いと研究で判明しました。 ビタミンDというのは血中のカルシウム濃度に影響を与えるもので、食べ物としては魚類から多く取れます。 ビタミンDをサプリなどで多く摂取すればテストステロンを増やす方法になりペニス増大になるかというと、可能ではあるが危険性もあるということです。 過剰にサプリメントなどからビタミンDを摂取すると血管の壁がカルシウムが付着して尿毒症になる恐れがあるので、極端に骨粗しょう症のような人以外は補充しない方が良いです。

日光浴でビタミンDが増えてテストステロンを増やす方法になる

逆にビタミンDというのはどうやったら欠乏するかというと、外出しないで日光に当たる時間が少なくなると減少していきます。 加齢とともに自宅で過ごす時間が多くなり日に当たらないと骨粗しょう症になりやすいという話がこれになります。 ペニス増大でテストステロンを増やす方法としては、日光浴をすることでビタミンDを多くすれば良い訳です。 日焼けした男性の方が女性にもてるのは、テストステロンの量も関係しているのでしょう。 サプリメントで経口で摂取するよりは、時間さえあれば日に当たることがペニス増大の方法になるようです。


 チンコを大きくする方法



このページの先頭へ